最短で免許取得できる合宿免許の期間

運転免許を取得したいと考えている人のなかには、できるだけ早く、費用をかけずに自動車教習所を卒業したいという希望も多いものです。そのような方法として、教習所が主催する合宿免許の課程を利用することが挙げられます。

合宿免許というのは、文字通り宿泊施設に泊まりこみで、学科教習、技能教習といった必要な課程を学ぶものですが、ムダのないように毎日のカリキュラムが組まれていますので、最短の期間での卒業が可能なのです。 こうした合宿免許の期間については、普通免許であればおおむね2週間程度というのが相場になっています。

これは、例えばオートマチック車限定の普通免許であれば、技能教習は34時限、学科教習は26時限を卒業までに受講しなければならず、しかも1日あたりとして受講してよい時間数が決められているためです。

学科教習については1日あたりの制約はありませんが、実際にハンドルを握る技能教習については、第1段階では2時限まで、第2段階では3時限までの受講が限度です。 このため、どんなに合宿免許のカリキュラムに技能教習を詰め込んだとしても、卒業検定や卒業式などを含めると、オートマチック車限定であれば13日から14日、マニュアル車であれば15日から16日といった期間が必要になるのです。

Copyright(c) 2015 合宿免許辞典 All Rights Reserved.