一般的な合宿免許の費用とその内訳

合宿免許は、自動車教習所への入校から卒業までのスケジュールがあらかじめ決められているなかで、ホテルや旅館、その他の宿泊施設に泊まりながら、集中して免許取得に必要な学科教習や技能教習を行うものです。

この合宿免許の費用としては、交通費、食事代、宿泊費、教習費のすべてが含まれているというのが一般的なもので、普通免許の取得であれば、だいたい20万円から30万円にかけてといったところが標準といえます。 通学で普通に免許取得をめざすよりも、実は教習費などは安くなっていますが、これは通学であれば予約のキャンセルなどがあって、教習所としても施設をフル活用することができないことが多いのに対して、すべてのカリキュラムがあらかじめ決められている合宿免許であれば、そうしたムダがないという理由によります。

教習所によっては、学生割引、グループ割引、早期予約割引などの割引制度を別に設けていて、さらに安価になる場合もあります。 また、夏休みなどの合宿免許の受講生が多いシーズンと、それ以外の閑散期とでは、合宿免許の費用が違っていることもあります。これもパック旅行などと同様に、教習所がスタッフの負担の度合いなどによって費用を調整しているのです。

Copyright(c) 2015 合宿免許辞典 All Rights Reserved.