免許を取得するまでの合宿免許の試験

合宿免許の課程であっても、そのなかではいくつかの試験をクリアしなければなりません。 入所してから技能教習、学科教習で学んだ上で、ようやく第1段階の教習が終わったら、合宿免許の試験の第1の関門である修了検定があります。ここでは運転の技能が第1段階の修了の基準に達しているかどうかが確認されます。

その後、合宿免許の試験の第2の関門として、仮免許学科試験があり、これに合格すれば、実際の公道上に出て教習ができるための仮運転免許証を取得することができます。 これら合宿免許の試験2つに合格すると、第2段階の技能教習、学科教習がはじまります。第2段階もすべで終わると、合宿免許の最後の関門として、卒業検定があります。教習所で学んだことがすべてひとりでできるかどうかを確認する総まとめの試験で、路上に出ての採点が行われます。

こうして合宿免許の試験にすべて合格して卒業をすると、教習所からは1年間有効の卒業証明書が交付され、合宿は終わります。 卒業するとただちに免許証がもらえるのではなく、この証明書をもって有効期間内に住所地のある都道府県の運転免許センターに行って、学科の本試験と適性試験を受けて、合格した場合に限って、公安委員会から免許証が交付されるのです。

Copyright(c) 2015 合宿免許辞典 All Rights Reserved.